スタッフブログ

STAFF BLOG OF ENERGY ONE

PAGENAVI
ワンズ・ホーム

ワンズ・ホーム

リフォーム部門『ワンズ・ホーム』のホームページが開設致しました。

ホームページをご覧になるには、

コチラをクリック↓↓

リフォームの『ワンズ・ホーム』ホームページ

施工事例・お客様の声・スタッフブログ続々更新中!!ぜひご覧ください。

category : ワンズ・ホーム | posted at 2018.4.2

やせいの もちこ が あらわれた ▽

2017年が終わり、新年を迎えた際に私たちは新しい鏡餅をお迎えいたしました。

じゃじゃん!

豪華です! あっぱれ!という雰囲気ですね。まさしくお正月という雰囲気でした。

 

そして1月での大役を終え、彼…いえ、彼女はその衣を脱ぎ去り、

新しい装いへと着替え私たちワンズの一員となりました。

ばばん! もちこ(仮名)です!

2月といえば、節分! 恵方巻き! バレンタインデー!

イベントごとが目白押しです!もちこ(仮名)もさっそくもちたろう(仮名)にチョコをあげてました。

 

1歳なのにもうガールフレンドができるとは…

もちたろうはきっと将来有望な(?)プレイボーイになるのでしょう。たぶん。

category : ワンズ・ホーム | posted at 2018.2.2

物件調査(重要事項説明)

お家(不動産は、一つとして同じ物がありません)

購入に際してはお客様は 購入の前に業者(宅地建物取引業者)から説明を受けます。
その内容は 私たち(ワンズ・ホーム)が「物件調査」することから始まります。

重要事項事前説明書

重要事項説明書は、冒頭に記載の不動産について、

当該不動産を取得しようとする方があらかじめ知っておくべき最小限の事項を列記したものです。

宅地建物取引業法第35条には、宅地建物取引業者の義務として、

宅地建物取引士によって書面を交付して説明しなければならない一定の事項が掲げられており、

重要事項説明書はこの義務に対応するものです。

まず、この取引にあたって宅地建物業者の立場(取引形態)の

再確認と営業保証の手続きはどうしているかの説明(供託所等に関する説明)をします。

続いて売主の説明と 取引の対象となっている不動産の説明をし、

その後、重要事項の説明になります。

重要事項の説明内容は大別すると

「Ⅰ対象となる宅地又は建物に直接関係する事項」と

「Ⅱ取引条件に関する事項」に分けられます。

重要事項説明の構成・項目

宅地建物取引業者および取引態様(宅地建物取引業法第34条第2項)

供託所等に関する説明(宅地建物取引業法第35条の2)

不動産の表示等

売主(交換の場合の譲渡人)の表示

Ⅰ 取引の対象となる宅地または建物に直接関係する事項

1. 登記記録に記録された事項

2. 第三者による対象物件の占有に関する事項

3. 都市計画法、建築基準法等の法令に基づく制限の概要

4. 私道に関する負担等に関する事項

5. 当該宅地が造成宅地防災区域内か否か

6. 当該宅地建物が土砂災害警戒区域内か否か

7. 当該宅地建物が津波災害警戒区域内か否か

8. 宅地造成または建物建築の工事完了時における形状・構造等(未完成物件等の場合)

9. 住宅性能評価を受けた新築住宅・既存住宅である場合

10. 飲料水・電気・ガスの供給施設および排水施設の整備状況

11. 石綿使用調査の内容

12. 耐震診断の内容

13. 宅地または建物の瑕疵を担保すべき責任に関する保証保険契約等の措置

14. その他

以上のような説明すべき項目から

今回は、「道路」と「施設の整備状況」についてのお話です。

こんな道路もあります

これは通路ですが(道路という場合もあります。)   これは 明らかに通路(再建築ができません)

建築指導課で建築基準法上の道路かどうかを確認

   

道路上には「汚水」・「雨水」のマンホール

   

これで本下水となります。            雨どいからの雨水はこちらに流すようになります。

汚水(トイレ/台所/洗面/洗濯機配水等(雑排水)は汚水に。

他には「浄化槽」が設置されている場合は水路に放流 雨水は側溝など 場所によっていろいろあります。

※家を建てる為には 道路幅員は4mの道路に2m以上接している必要があります。

   

今回の場合は、 赤丸部分が向かい側のブロック塀が越境している為OKでしたが

道路幅員は重要で足りない場合は「中心後退」する必要も出てきます。

そして生活に最も重要な「水」水道の調査です。

おやおや 変なところにバルブがそして隣のお宅に この場合は

もともとの所有者が身内でこのように使っていたみたいです。

が、しかし持ち主が変わる場合にはあってはならないことです。

後々のトラブルの原因になることが 明らかです。

そして最後は 「ガス」の確認

ワンズ・ホームのある 三津浜地区には都市ガス地域も多くあります。

(松山市営ガスが、四国ガスになったからだそうです)

当然中古住宅の場合 給湯関係のリフォームがありますから

エナジー・ワンの

プロパンガスのご提案をします。

今回調査中に見つけた素敵なリサイクル

屋根から降ろした 瓦の リサイクル利用でした。

 

 

 

category : ワンズ・ホーム | posted at 2018.1.19

謹賀新年 あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます。
ワンズ・ホーム(株)不動産部の高須賀です。

昨年は格別のご厚情を賜り、厚く御礼申し上げます。

本年も社員一同、皆様にご満足いただけるサービスを心掛ける所存ですので、
昨年と変わらずどうぞ、宜しくお願い致します。

category : ワンズ・ホーム | posted at 2018.1.5

心理的瑕疵物件

入居者が殺害されたり、自殺や孤独死したりした場合は「事故物件」や「心理的瑕疵物件」などと呼ばれます。心理的にそこに暮らしにくい要因のある物件として認められており、不動産の売買や賃貸の際には、買主や借主への告知義務が発生します。

事故物件は宅地建物取引業法47条1号により、買い手・借り手の判断に重要な影響を及ぼす事柄をわざと告知しないことは禁止されており、心理的瑕疵(キズ)のある物件として告知義務が伴います。さらに告知義務期間に明瞭な決まりはなく、50年前に起きた殺人事件現場の物件でも、告知すべき瑕疵があるとした判決例もあります。

 

こうした物件の場合、建物がそのままだと買い手・借り手がつかないために売却し、建物を取り壊して新築するというパターンがあります。ただ、たとえ建物が新しくなっていたとしても、敷地内であったことですので、不動産売買する際にはきちんと事件や事故があったことを告知しなければいけません。

その場合の価格は通常であれば5~7割下がりますが、取引相場はあってないようなものです。心理的、気分的なものになってしまうので、もしも売りに出されたとしても、買い手の言い値で応じることになるのではないでしょうか。

考えようによっては、お得物件ともいえますが・・・

                                              

 

 

category : ワンズ・ホーム | posted at 2017.12.22

調査(依頼を受けた物件は)

物件の調査にはこんな廃墟の調査も・・・・境界の確認や色々

懐かしい建物に出くわすことも

確か今もお付き合いのある「株式会社アド」の 社長が設計したカフェトレイン

敷地の境界は?どちら?

  

この境界はピンがあります。

狭い道(4mの幅員が必要です)

 

 

お預かりした売却希望地にはこのように看板を立てに行きます。

調査の合間に気に入った素敵な家を見つけることも有ります。

最近の借家にはこんな素敵なワンちゃんの為の足洗い場がついています。

私たちワンズ・ホームの皆は、現地調査の際にはいろいろなところに目を配っています。

category : ワンズ・ホーム | posted at 2017.12.8

師走がやってきた!にげろ!((((((((((っ・ωΣ[柱]ガコッ!

最近めっきり寒くなってきましたね。

朝、布団から出てくるのがつらいです。

 

ちなみに12月に入ったため、我が店のもちたろう(仮名)も

クリスマス仕様に衣替えしてます。

スーモのパンチングバッグの緑色と合わさって、実にクリスマスカラー的に仕上がりました。

ふむふむ、もちたろう(仮名)くん、かっこいいよ!

 

もちたろう(仮名)クリスマスVer.は12月限定です。

ぜひぜひご来店ください☆

。 ☆  。  °  。 ☆
ζ    ζ  ☆  °    。 °
/^^|\____彡
● ノ\    )
。 °<<<  ̄///
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒

category : ワンズ・ホーム | posted at 2017.12.1

中古住宅+住宅診断(ホーム・インスペクション)

  の  高須賀 です。

 

皆様は住宅購入の際に、「中古住宅」 という選択肢を持っていますか?若しくは、持っていましたか?

中古住宅は、手頃な価格で、立地の選択肢も多く、自由に好みの空間を創れるため、年々購入する方が増えています。

 

しかし、いざ中古住宅を購入するとなると、

「劣化している部分があるのではないか」

「あと何年くらいもつのか」

といった漠然とした不安を抱いている方も多いと思います。

 

そうした不安への対策として注目を集めているのが

「住宅診断(ホーム・インスペクション)」 です!

 

これは専門家が第三者的な立場から、住宅の劣化状態や欠陥の有無、改修すべき箇所をチェックしてくれるサービスです。

購入の前に、建物のコンディションを把握することで、安心・納得して購入することができるようになりました。

中古住宅のシェアが日本の6倍である欧米では既に一般的であり、日本でも、この流れは拡大していきそうです!

 

これからは、

中古住宅 + 住宅診断(ホーム・インスペクション)

という選択肢で満足度の高いお家選びができそうです!

category : ワンズ・ホーム | posted at 2017.11.17

One's homeの仕事とは

の仕事とは

普段の生活ではなかなかお世話になる事は少ない不動産屋ですが、皆さんは不動産屋にどんなイメージがあるでしょうか?? きっと多くの方はあまり良くないイメージの方が多いのではないでしょうか??

例えば

悪徳不動産屋

高級車を乗っていて金持ち

怖い人がバックについてる

普段何しているのかわからない

などなど、

多くの方は人生におきまして、不動産売買、貸借等々を頻繁にすることは少ないようなので不動産屋に対するイメージが湧きにくいと思います。イメージが湧かない、何をしているのか判らないからこそ「怪しい」「怖い」などのイメージが先行するのではないでしょうか??

不動産仲介業で大切なのは、扱う不動産をよく調べ売主、買主共にスムーズな取引をする事です。又、それぞれの物件、不動産につきまして売主の要望、買主の要望をつなぐ訳ですから何かしらの不満や不都合が必ず出てきます。それら1つ1つを解消していく知識や経験、わからない時には聞く事ができる情報元を持っておく事も大切です。不動産取引はその場限りで高額な取引の為、失敗は許されません。その為、相手の人間性・人柄・経済状況をよく理解し、安心して紹介できる相手、物件情報だけを提供しつづける事が信頼を生みます。

「取引すれば儲かるけれど、相手が行き詰まるのが見えている場合は取引をしない。」そんな勇気、思いやりをもっている業者でありたいと思っています。

                                                                                      

category : ワンズ・ホーム | posted at 2017.11.3

物件調査

ワンズ・ホームではいろいろな 情報を頂くとまずは現地を見に行く物件調査からスタートです

頂いた中古の住宅や 土地の情報の場合敷地の境界・上下水道の確認や道路の確認等を現地であらかじめ行います。

そんな時 南吉田で、こんなものを見かけました 

なんだかわかりますか?

近づいていてみると

ゼロ戦とか紫電改などの 戦闘機を格納するために作ったものです。

昔は松山空港の周りにたくさんありましたが今は・・・・・。     

そして松前町の町役場に調査に行ったとき

こんなものを発見

北海道の松前町(まつまえちょう)と姉妹都市提携しているそうで

そして松ノ木周辺での発見は

そうです サークルKのお店 

弊社プロパンガスの販売店の

白石一商会 様

なんと、とうとう模様替えです 以前から聞いていましたが

「サークルK」「サンクス」から

「ファミリーマート」へのブランド転換の一環だそうです。

完成が待ち遠しく思います。

category : ワンズ・ホーム | posted at 2017.10.20

私たちは「エネルギーと暮らしのコンサルタント」を目指しています。
小さな事でも結構です。私たちにご相談下さい。

  • エネルギー(LPガス・一般高圧ガス)

    エネルギー(LPガス・一般高圧ガス)

    一般
    TEL 089-952-7711 / FAX 089-952-7957
    溶材部
    TEL 089-952-2211 / FAX 089-953-2129
  • 水(ウォーターワン)

    (ウォーターワン)

    TEL 0120-413-111
  • 不動産売買・仲介(ハウスドゥ)

    不動産売買・仲介(ハウスドゥ!)

    TEL 089-994-6185 / FAX 089-994-6186
  • 太陽光発電・蓄電池

    太陽光発電・蓄電池

    TEL 089-952-6611/ FAX 089-952-7957
  • リノベーション(ワンズホーム)

    リノベーション(ワンズ・ホーム)

    TEL 089-994-6185/ FAX 089-994-6186
  • 上記以外(総務部)

    総務部

    TEL 089-952-2213 / FAX 089-952-2215
ガスのお客様窓口