PAGENAVI

ガスのお客様窓口CUSTOMER SUPPORT FOR LP GAS

ガスのトラブル対処法ガスのトラブル対処法

ガス臭い時

1. 火気は絶対使用しないでください

着火の原因となる火や火花がでるものには絶対に手を触れないでください。
換気扇・電灯などの電気のスイッチは切るときも火花が出ます。「切る」こともしないでください。

2. ガスを外に追い出してください

戸や窓を大きく開け、風通しを良くしてガスを追い出してください。
LPガスは空気より重いため、低い所に溜まったガスにもご注意ください。

3. すべての器具栓、ガス栓を閉めてください

容器バルブも必ず閉めてください。

4. ガス漏れの状況をすぐにご連絡ください。

『緊急時の連絡先』か『当社』に連絡してください。
『お名前』『ご住所』『ご近所の目標』『その場の状況』をお知らせください。
電話の指示に従ってください。
安全確認が済むまでガスは使用しないでください 。

ガスが出ない時

【注意】ガス漏れの疑いもありますので、ガス臭くないか十分確認してください。

1. ガスの元栓(メーターの元栓・器具の元栓)は開いていますか?

ガスの元栓が閉まっていたら、元栓を開けてみて点火するかどうか確認ください。

2. 正しく点火していますか?

器具の取扱説明書に点火方法が記載されています。点火方法が正しいかご確認ください。

3. 他の元栓のガス機器は使えますか?

全てのガス機器で使えない場合は、マイコンメーターでガスを止めている場合があります。

4. マイコンメーター(ガスメーター)が止めている場合があります。

LPガスの流れや圧力などに異常があると、マイコンメーターの表示部にガス止の表示があり赤いランプが点滅し、ガスを自動的に止めている場合があります。
原因を確認し、異常がない場合はマイコンメーターを復帰することができます。
原因がわからない、復帰しない場合ご連絡ください。

故障かなと思った時

【注意】ガス器具の故障と見られる症状として、異音・異臭・炎の色が黄色など見られる場合は使用を控えて、当社までご連絡ください。

ガステーブルの場合

・電池の向きや電圧を確認してください。
・バーナーヘッドの位置のズレと濡れていないか確認してください。
※問題解決されない場合は修理が必要となりますのでご連絡ください

給湯器(給湯器付き風呂釜)の場合

・リモコンに電源が入るか、又はリモコンにエラー表示が出ていないか確認してください。
・エラー表示がされている場合は表示内容をご連絡ください。
・給湯器本体のコンセントを抜き差しを行ってください。
※問題解決されない場合は修理が必要となる場合がありますのでご連絡ください。

地震が起きた時

地震が起きたらまずご自身の身を守りましょう。 まず、テーブルの下に隠れるなどして、身の安全を確保してください。
又、津波の危険性がある場合には、高台等に避難しましょう。
 
・ガス栓、器具栓を閉め(火をすべて消し)、二次災害防止のため、揺れが大きかったときは、おさまった後で戸外の容器バルブも閉めてください。 火気の使用は絶対にしないでください
容器のバルブは時計と同じ右に回すと閉まります。
 
※災害後に再びガスを使用するときは、必ず当社または保安機関の点検を受けてからお使いください。
※異常があった場合は、住所・氏名・状況などを至急当社または保安機関へご連絡ください。

ガスメーターの復帰方法

ガスメーター ガスメーター(マイコンメーター)は、ガスの使用状況を常に監視し、危険と判断したときはガスを止めたり警告を表示する機能を持った保安ガスメーターです。ガスメーターは次のケース場合、安全のために自動的にガスを遮断致します。
 
1.お風呂のお湯の止め忘れ等で必要以上に長時間ガスが流れた場合
2.ガス使用中に震度5相当以上の強い振動を感知した場合
3.ガス配管の圧力が低下した場合
4.瞬時に多量のガスが流れた場合(ゴム管などが外れた場合)

ガスメーターがガスを止めた原因は液晶表示画面に表示されます。
ガスメーター液晶表示画面
ガス漏れがなければ、以下の手順に従ってガスメーターの復帰操作を行ってください。

ガスメーターの復帰操作

STEP 1

ガスが止まった場合は、はじめに器具栓とガス栓を閉じて、すべてのガス器具を止めてください。
また窓を開けるなどして空気の入れ換えをしてください。

STEP 2

次にガスメーターの液晶窓の表示を確認してください。
このとき液晶窓のアルファベットと「ガス止」の表示が出て、赤いランプが点滅していれば、ガスメーターが遮断しています。

STEP 3

ガスメーターの左側の復帰ボタンを奥までしっかりと押してください。
液晶窓のアルファベットと赤ランプが点滅し、ガス漏れが無いか安全確認をしますので、約1~2分程度お待ちください。
※ボタンを押し続けたり、何度も押さないでください。

STEP 4

ガス漏れのないことを確認するとセキュリティ表示の点滅が消え、再びガスが使用できる状態になります。
ガスコンロの火をつけたり、お湯を出してガスの使用が確認できれば復帰操作は完了です。

私たちは「エネルギーと暮らしのコンサルタント」を目指しています。
小さな事でも結構です。私たちにご相談下さい。

  • エネルギー(LPガス・一般高圧ガス)

    エネルギー(LPガス・一般高圧ガス)

    一般
    TEL 089-952-7711 / FAX 089-952-7957
    溶材部
    TEL 089-952-2211 / FAX 089-953-2129
  • 水(ウォーターワン)

    (ウォーターワン)

    TEL 0120-413-111
  • 不動産売買・仲介(ハウスドゥ)

    不動産売買・仲介(ハウスドゥ!)

    TEL 089-994-6185 / FAX 089-994-6186
  • 太陽光発電・蓄電池

    太陽光発電・蓄電池

    TEL 089-952-6611/ FAX 089-952-7957
  • リノベーション(ワンズホーム)

    リノベーション(ワンズ・ホーム)

    TEL 089-994-6185/ FAX 089-994-6186
  • 上記以外(総務部)

    総務部

    TEL 089-952-2213 / FAX 089-952-2215
ガスのお客様窓口