スタッフブログ

STAFF BLOG OF ENERGY ONE

PAGENAVI
2018年11月

秋の風物詩

私は釣りが趣味です。島で生まれ育った私は魚を釣る事が身近にありました。

小学生の頃から、学校から帰って来ると祖母が

「こいさぁ、さい(今晩のおかず)が無いけ何か釣ってこい」

「おう」

と、その辺で竿を投げて釣ったメバルやホゴが晩御飯の食卓に並ぶ…という感じで

釣りはほとんど生活の一部でした。

今の時期はタチウオ・ハマチが上がっていますが、なんといってもイカです。イカのエギングです。

もう始めて10年経ちますが、これはおもしろい。狙うはイカの王様アオリイカです。

アオリイカ(私らはモイカと呼ぶ)はスルメやヤリのように、はえ縄や網で取れないので大量に市場に出回らない

希少価値のあるイカなんです。

シーズンは9/下~11/下まで。秋場のこの時期だけ、イカが浅い所にいます。

風向きや潮行きに注意しながらポイントを決め

PE・カーボンリーダーにエギを縛って、投げてシャクって巻く。ひたすらこの作業。攻めの釣りです。

魚のようにピクピクというアタリではなく、潮の流れに乗ってラインが張っている時にジワーっと重くなる

感じなので、初心者は全くアタリが解らないと思います。

大物がHITした時のドンッ ドンッという引きは何とも言えません。釣り師はみんなアレの中毒になってるんです

来週から大潮なので、行ってきます。

目指すは10年のキャリアの中でも、まだ5回しかない1kgオーバーのお化けイカ

でも、こればっかりはホント島に生まれてよかった!

category : てっぴー | posted at 2018.11.2

私たちは「エネルギーと暮らしのコンサルタント」を目指しています。 小さな事でも結構です。私たちにご相談下さい。

ガスのお客様窓口